久留生

2017年入社

営業事務

INTERVIEW

営業事務は店舗の顔。明るい職場づくりも仕事のひとつです。

2017年に新卒で入社。賃貸事業部の営業事務として約2年半務め、現在は賃貸管理部の営業事務を務め、様々な業務を学ぶ。

ロイヤルに入ったきっかけと入社の決めて

私は広告に入っている間取り図を見たり、家の内装を見に行ったりすることが好きだった為、住まいに関わる仕事がしたいと思いました。他社の不動産の店舗見学も伺いましたが、黙々と業務をこなしている店舗が多い印象でした。その点はロイヤルは和気あいあいとみんなで作業しているところが印象的でしたのでロイヤルのような不動産の店舗事務として働きたいなと思い入社しました。

ロイヤルの良さ、自店の良さについて

ワンストップサービスを提供しているため、住まいのことに関してあらゆるニーズに対応できるところです。また、一般企業ではなかなかないことだと思いますが、 週末に社長が各店舗に様子を見にきてくださり、頑張ってね!と声を掛けてくださいます。風通しのいい会社だからできることだと思います。 そごう横浜店には約45名のスタッフがおりますが、新卒で入社し何もわからなかった私にゼロから優しく教えてくださいました。部署が違っても皆さま優しくユーモアが溢れる方ばかりなので、新入社員の方もすぐに馴染める環境だと思います。

嬉しかったこと、やりがい

賃貸のお部屋を探しにきていた3歳ぐらいのお子様連れのご家族のお客様で、途中から飽きてしまったようでグズってしまった際に、塗り絵を印刷し、お渡ししてお子様のお相手をしたことがあったのですが、帰り際に「ありがとうございました。子供のことを気にせず集中してお話を聞くことができてよかったです。と言われたことです。 やりがいは、事務というと、淡々と目の前の作業をこなすイメージがあるかもしれませんが営業事務の場合は淡々とこなす作業もありますが、いかに営業さんと連携して仕事ができるかが勝負になってきます。営業さんがいかに働きやすい環境を整えることができるかを考えることが楽しいです。

どんな人にチャレンジしてもらいたいか、今後入社される方へ

ずっと店舗にいる営業事務が暗かったら店舗自体も暗くなるので、明るくて気が配れる人が向いていると思います。学生の時にしかできないこと、少しでも興味があるものには何でもチャレンジしておくと就職活動中や社会人になったときに、その経験はなにかしらに役に立つと思います。