青木

2016年入社

営業事務

INTERVIEW

営業、そしてお客様のために。
愛される会社の”これから”を
裏方からサポートする。

2016年に新卒で入社し、営業事務を行う。
大小様々な数字の集計・管理を行いながらも資料作成を通じて営業のアシストを行っている。

入社の決め手や、働いてから感じたこと

就職活動中は業種や職種を問わずに色々な企業を見ていたのですが、自己分析をする中で自分自身が先導し て物事を進めるよりも裏方でサポートをする方が合っていると考え、最終的に事務職を志望しました。その 中で不動産という専門的なものを取り扱う業種に興味をもったこと、また面接時の人事の方の対応が温かく 印象的だったことから入社を決めました。不動産会社は男性社会という印象がありましたが、想像以上に女 性社員が多く、育児制度などの働きやすい環境が整えられていたことも入社の決め手となりました。 入社してから実感したことは、上司部下・社長社員関係なく、一人ひとりの距離感が近いということです。 「距離が近い = 仲が良い」ということだけではなく、若手に対しても様々な意見を求められる環境でもある ので、若くして様々なことにチャレンジできる会社でもあると実感しています。

やりがいを感じることや、心がけていること

営業成績の集計など金額の大きい数字を扱うので緊張することもありますが、細かいデータを扱う業務にお いて数字が過不足なく正確に集計できた時には事務としてのやりがいを感じます。また資料作成を通じて営 業の方のアシストができた時にはお客様のお役に立てたと実感でき、実践的な面でもやりがいを感じること ができています。

ロイヤルハウジングだからこそ経験できること

当社は毎年夏季に軽井沢でお客様へ向けた謝恩コンサートを開催しています。私はサポートとして参加するのですが、毎年非常に多くのお客様が足を運んでくださっています。いつの時代もお客様のことを第一に考え事業を拡大してきた結果として、多くのお客様から愛されている証だと思っています。これはまさに、ロイヤルハウジングだからこそ経験できることではないかと考えています。